転職について

今回も途中までになってしまうが、転職について経験則をもとに記載する。

■前提

自分の転職活動の環境をまずは書くと、

グループ企業の孫会社(中企業)から、グループ企業の子会社(大企業)へ転職した。

業界は変わったが、職種は似たような職種についた。

大きく職種を変えたり、ベンチャー企業へ転職したわけではないので、本記事を読む際には注意してほしい。

■転職活動のモチベーション

まず、転職の行為自体は楽しかった記憶がある。

なぜならば、新卒と違って、当時の仕事を続けることも可能だと思っていたからだ。

軽い気持ちで転職活動をしていたわけではないが、「最悪、どうにかなる」と意識していたことで、転職活動を楽しむことができたのだろう。

また、当時の仕事に嫌気がさしてしまっていた自分には、新しい環境へ行くことが少し楽しみだった。自身は保守的で新しいものに対して耐性が弱いのにもかかわらず、だ。

※保守的な性格なのに前向きになれた点は別の記事に書こうと思う

■転職活動で大切な軸

正直、新卒のときと大きくは変わらない。

応募者の習得スキルとマインドだ。

合否に大きく影響すると感じた。

新卒のときと違った点は、社会で何を学んだか、今の仕事でスキルを習得できているか、だ。

これだけでなく、募集先の企業への具体的な貢献度合いを説明できるとよいと感じた。

当然、技術的なスキルをもっていることは大事だ。加えて、企業への貢献方法を提案し企業と議論のうえ柔軟に自身を最適化できるヒューマンスキルをもっていると採用率があがるだろう。

面接官が応募者の使い道をイメージできればよい。面接官のもつミッションや夢に、応募者が登場することができれば勝ちである。

自分の夢ばかりを語っても、普通の企業から見ると、使い所に悩んでしまうかもしれない。

ベンチャー風の強い企業ならば、自分の夢を語り倒してもよいかもしれない。(自分はベンチャー企業の採用を受けていないのでわからない)

※自分の場合は特に説得力のある技術スキルはないため基本的にヒューマンスキル推しで突き通した

とはいえ、企業体質や企業のおかれている状況によって企業の求めている人材は異なるので、募集要項から感じ取ること、面接で求める人材像をヒアリングしてみること、これが大事だと思う。

書いていて盛り上がってきたので、今回は一旦ここまでにしておく。熱量に任せて意味不明な文章になりそうだからだ。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました